パソコンを捨てる時は、そのまま丸ごと捨てないで分解してパーツに分けてから捨てた方がイイ理由

未分類

先日のWindowsのアップデートで、多くのパソコンが屍になったそうです。

何でも、記憶領域が足りなくてその様になってしまったとか、CPUのスペックが低くて今期のWindows10の性能には使用不可能になっていたりして、それでパソコンが墓場に行く事になってしまった様でした。

そうして捨てられることになってしまったパソコンが増えているのですが、出来ればパソコンを捨てる前にはパソコンを分解して、後に使うパソコンに使えるパーツを見つけたりまたは、中古パーツショップに売れそうなものを分解して取り出して残ったものを捨てた方が良さそうです。

特にメモリは増設する時に必要になる事もあるので、取り出しておいた方が得策ですね。

他には、パソコンの熱を外に出すファンなども売れやすいそうなので、特にまだそんなに劣化していなそうだったら外して取っておいた方が良さそうです。

他にも、特にデスクトップパソコンの場合は記憶媒体であるHDDやSSDを取り外した後の残りの箱やマザーボードは全部売る事も出来るので、そんなに古い型番ではない場合は捨てないで中古ショップに売った方が良いかも知れません。

この世には、スペックが低いパソコンでもCPUを積み替えたり色々改造して新品で最新のパソコンに引けを取らないパソコンに作り替えられるプロフェッショナルもたくさん居るので、その人達の手で生まれ変わらせてあげるのも良さそうです。

多分パソコンと言う機械は思っているよりも捨てる部分の少ないモノだと思うので、これからパソコンを捨てようと思っている人は一度、中古のパソコンショップなどに打診してみると良いでしょう。

CUTMANブログ個人まとめ

なかなかめんどくさいことでもやっみたら結果が出るかも。パソコンを分解して更に中古ショップに持って行き売る。今は、パーツの取り方などはyoutubeなどでもいくらでもあるので、暇な時にでもやってみては?新しい発見があるかも?このような日常の一コマでいろんな発見。繋がり。がある。

とにかくやってみよう。まずは始めてみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました