演劇や歌のライブで劇場を使う時、ソーシャルディスタンスを徹底していれば問題無いと思った事

未分類

先日、とある地域でその地域にある小さな劇場で開催されている市民イベントを見に行ってきたのです。

新型コロナの影響と言うか、劇場での演劇や音楽イベントを見に行ったことが原因で感染した人が大勢出た所もあった事もあり、劇場でのイベントは本当に大丈夫なのか?と言う不安もあったので、敵情視察をするような気分で行ってみたのです。

最近では映画館でもそうですが、座席は一つ置きに座る様にして更に、劇場の空間を締め切らない様にドアと言うドアを全部開放していたので、ロビーにも歌やダンスの音楽が漏れまくりでしたが、この方法なら劇場でのイベントも開催可能なんだと思った感じです。

要は締め切らない様にする事が重要でかつ、ステージと観客席のお客さんが座る位置が遠かったら、今まで通りとは行かないかも知れないけど演劇や音楽イベントも可能だと思いましたね。

あとは、劇場に入る人への体温測定と手指のアルコール除菌、それとマスクの着用を徹底する事が重要になって来るので、劇場のある建物の出入り口でのお客さんの入退場に対するチェック体制をしっかりする事が大事だと思います。

今、色々なステージ系イベントが中止になっていたのを復活させる動きが加速していますが、復活するに際しては感染予防の対策をしっかりとして、でもみんなが楽しんでくれるイベントにして行く努力を惜しまない様していくと良いでしょう。

CUTMANブログ個人まとめ

今後、色々なイベント劇場等が動き始める中。常にソーシャルディスタンスを考え予防対策をしていきましょう。イベントとしては、盛り上がりに欠けてしまう印象はありますが、いつの日か自由に動ける日を願ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました